看護部長メッセージ

当院は「人にやさしい病院 高齢社会の新しい安心づくり」を理念とし、主に高齢者の慢性期医療・看護を担っています。看護部は病院の理念に基づき、安全・安心・安楽な療養環境の提供に努め、心のこもった看護・介護を行い、患者さんに安らぎを届けることを理念としています。

 それぞれの病棟の特性を理解し、患者さんの思いを尊重し、思いに寄り添う看護・介護の提供に努めています。また全病棟でNICD(生活行動回復看護技術)を進め、患者さんの持てる力を引き出す看護技術で、患者さんも職員も安全で安楽な援助方法の習得を目指しています。​看護師・介護士が協働し、看護師は医療的処置や看護の専門的視点で観察しケアを行い介護士は患者さんの生活援助を主に介護の視点から関わり、より良いケアにつながるようチームで取り組んでいます。

私たちは

「一分一秒を争う看護もあれば 一年以上気長に向き合う看護もある」
「人と人とのつながりを大切に 温かい手のぬくもりを伝える介護を」

​をモットーに人にやさしい病院をめざして日々努めています。

                                                                                                                       看護部長 名畑 富美江​

​看護部 看護概要

​看護部理念

--------------------

​病院の理念に基づき、安全・安心・安楽な療養環境の提供に努め、

心のこもった看護・介護実践を通して、患者・家族に安らぎを届ける

​基本方針

--------------------

1)思いやりと心のこもった安全で、安心な看護、介護を提供する土壌を作ります。

2)豊かな人間性と高度な専門知識・技術をもち、的確に判断し実践できる職員を育成します。

3)​患者さんの権利を尊重した看護、介護を提供します。

 

2021年度 看護部目標

--------------------

1)安全で質の高い看護・介護の提供

 ①看護・介護の専門性を発揮し、チームで協働する。

 ②倫理的感性を養い、現場で直面する課題解決に努める。

 

2)職員の人材育成と自己研鑚の推進

 ①院内・院外研修参加を促し、スキルアップにつなげる。

 ②自己研鑽研修などは、公正な評価につなげる。

 ③クリニカルラダーの運用を推進する。

 ④e‐ラーニングを活用し、実践能力の向上を図る。

 

3)看護の可視化、質的評価の推進による業務改善

 ①スピードではなく、内容を重視した業務ができる。

 ②病棟毎の業務改善を推進し報告ができる。

 ③NICD活動を推進し、1例以上取り組み報告ができる。

4)接遇の向上

 ①職員としてふさわしい態度・身だしなみに努める。

 ②職員に対する感謝の言葉が前年度より増加する。

 ③職員に対する苦情が前年度より減少する。

 ④「笑顔で接遇」を徹底する。

5)医療安全管理意識の向上

 ①院内感染防止対策を遵守し感染症発症を起こさない。

​ ②職員自身が健康管理を意識し、感染予防に努める。

 ③インシデント・アクシデント件数が前年度より減少する。

​ ④病棟の備品・消耗品の使用が適切に管理できる。

近江温泉病院の目指す看護師像・介護士像

--------------------

・患者の小さな変化に気づきケアができる看護師・介護士

・笑顔で寄り添うことができる看護師・介護士

・プライドと責任を持って働く看護師・介護士

・学び続ける意欲を持つ看護師・介護士

・やりがいを感じる職場作りができる看護師・介護士

近江温泉病院でのスキルアップ

--------------------

・生活支援技術の習得支援

・介護支援専門員の資格取得支援

・介護福祉士の資格取得支援

・認定看護師の資格取得支援

 (認知症看護・感染管理・皮膚排泄ケア・摂食嚥下障害看護・NICD認定看護師など)

・専門性が発揮できる研修への積極的支援(認知症関連・NSTなど)